仮審査と本審査

 

キャッシング契約を行ったり、カードローン契約をしたりすると確実に審査が必要になりますよね。
と言っても審査は一つだけではありません。審査は通常二本立てで行われているのです。
一つが仮審査と呼ばれる審査であり、もう一つが本審査と呼ばれるものです。
この二つはどのように違ってくるのでしょうか。しっかりと確認しておきましょう。
まず、仮審査とは読んで字のごとく仮の審査を指します。一般的には、年収や済んでいる情報などの基本的な情報だけを加味して判断する審査になります。
ですので、仮審査に合格したという事はその基本的な情報だけでの審査には合格したという事になるのです。
では、本審査はどのような審査になるのかと言うと、その名の通りその審査を持ってしてキャッシング可能かどうか決断を下す審査になります。
ですが、基本的には仮審査に受かってしまえば本審査に受かると言えるでしょう。
本審査に落ちてしまうような人と言うのは基本的な情報に虚偽の記載をしてしまった事が原因で落ちるというケースがほとんどのようです。
ですから、通常は仮審査に受かってしまったらそれで合格したとみて構わないでしょうね。